• Announcement: SoftBank Ventures Leads $10M Investment in AI-Driven Drug Discovery Company twoXAR

  • AI創薬スタートアップtwoXAR、ソフトバンクベンチャーズ (SoftBank Ventures)のリードにより1000万ドルのシリーズA第三者割当増資を実施

    Andreessen Horowitz と OS Fundは、バイオ医薬のパートナーシップにむけた新たな創薬ポートフォリオを構築するためのシリーズAの投資に参加。

    2018年3月19日(パロアルト)

    このプレスリリースは英語から翻訳されています。英語のプレスリリースもご参照下さい。

     

    AI創薬スタートアップtwoXARは本日、 ソフトバンクベンチャーズ (SoftBank Ventures) がリードし、Andreessen Horowitz と OS Fundが追加投資で参画の1000万ドルのシリーズA第3社割当投資を実施したと公表しました。今回の資金調達により、twoXARはパートナー企業との創薬、また既存プログラムの非臨床試験の加速度的促進を目指します。また、ソフトバンクベンチャーズ の代表取締役社長JP Lee、Andreessen Horowitzのジェネラル・パートナーVijay PandeがtwoXARの取締役に就任しました。


    ソフトバンクベンチャーズは情報革命の加速度的促進に携わる事業への投資に力をいれており、特にヘルスケアでのAIの応用に注目をしています。Lee曰く、「twoXARは現在急速に成長しているAI創薬市場をリードする存在であり、難病や様々な疾病に対応する多くの治療法の開発に貢献すべく、今回の投資ラウンドのリードができてとても光栄です。twoXARのAI技術で、新薬発見の過程を早め、非臨床試験の成功率を大幅に高めることができます。twoXARチームは既にバイオ医薬分野で世界をリードする会社と提携を行い、生体(in vivo)実験を効率よく、より正確に行うことができました。」


    twoXARは自社AIプラットフォームを使い、新薬候補化合物の特定にかかる時間を数年間から数週間に短縮し、肺がん、リウマチ、2型糖尿病等の治療分野では、動物実験(in vivo)の成功率を大幅に増加できたことを報告しております。twoXARは現在バイオ医薬品会社、医薬品開発企業及び投資家とパートナーシップを結び、新薬候補化合物開発の新たなパイプラインを構築しています。


    「医薬品の発見におけるAIの応用は推論的と思われていましたが、今後はより実用的となり、バイオ医薬品開発の効率化に重要な役割を果たします。」とtwoXARの共同創業者兼最高経営責任者であるAndrew A. Radinは考えています。彼は、また、「ソフトバンクベンチャーズ、Andreessen Horowitzと OS FundはAIの生物学的な応用への投資経験が豊富で、この分野での事業開発の専門家ですので、今後共に創薬プロセスを作り上げられることを光栄に思っております。」と述べております。


    過去には、アメリカ食品医薬品局の承認が得られる医薬品を作り出すためには、10,000の分子構造から10~15年間が、新薬候補が絞らなければならなかったため、
    それが承認されるまでの時間が長く、不確かでした。twoXARが持つようなAIプラットフォームは創薬プロセスを従来より効率よく、かつ予測可能にします。これにより、新薬開発プロセス全体が加速され、リスクとコストを軽減できます。


    「数学的モデルはより少ない金額、より短い時間で創薬ポートフォリオを作り出します。twoXARはパートナーシップやスピンアウトを通し、多くの医療分野で技術を応用できるようにします。そして創薬の専門家と共に開発を進めることで、より多くの患者により早く有効な薬を届けることを目指します。」とJudy Lewent(メルク社の前EVP兼CFO、twoXAR取締役)が言っています。


    twoXARは過去Andreessen Horowitz、 CLI Ventures、とStanford-StartX基金より430万ドルのシードファンドの調達しています。


    このプレスリリースは以下の言語にも対応しておりますwww.twoXAR.com:

    • 英語 (English)
    • 中国語 (中文)
    • 韓国語 (한국어)

    twoXARについて
    twoXARはAIのバイオ医薬品会社です。独自の数学的プラットフォームを用いて新薬候補を特定し、非臨床試験を通してリスクを減らし、業界のパートナーとともに新薬候補を臨床に出すことを行っております。twoXARのオフィスはカリフォルニア州のパロアルトにあり、創薬、バイオ医薬情報学、計算生物学、データ科学や、ソフトウェア開発等の多岐にわたる背景をもつメンバーからチームが構成されています。弊社ホームページwww.twoXAR.comもご参照ください。

  • 소프트뱅크벤처스(SBVK), 美 AI 신약 개발 스타트업 ‘투사(twoXAR)’ 투자

    - 약 100억 원 규모로 안데르센호로위츠와 공동 주도
    - 10년 이상 기간, 수천억 원 개발 비용 획기적 단축

    소프트뱅크벤처스(대표이사 문규학)는 인공지능 기반의 바이오 의약품 스타트업 투사(twoXAR)에 투자했다고 20일 밝혔다. 이번 투자는 약 100억 원(1천만 달러) 규모로 소프트뱅크벤처스와 미국의 안데르센호로위츠(Andreessen Horowitz)가 공동으로 주도했다.

     

    이번 투자로 소프트뱅크벤처스의 이준표 파트너와 AI 신약 개발 분야의 최고 권위자이며 스탠포드대 교수인 안데르센호로위츠의 비제이 판데(Vijay Pande) 바이오펀드 대표 파트너가 투사의 이사회에 참여한다.

    투사는 스탠포드 대학교에서 AI 신약 개발을 연구하던 앤드류 A. 레이딘(Andrew A. Radin)에 의해 2014년 미국 캘리포니아에 설립되었다. 투사는 방대한 생체의학 데이터를 인공지능 알고리즘에 학습시켜 신약 개발에 소요되는 시간과 비용을 획기적으로 단축했다.

     

    하나의 신약을 개발하기 위해서는 평균 10년에서 15년 동안 수천억 원의 비용이 소요되며, 시간과 비용의 대부분은 신약 후보 물질을 찾는 과정에 투입된다.

     

    반면 투사의 기술을 활용하면, 몇 년이 아닌 몇 주 내로 임상시험의 대상이 되는 신약 후보 물질들을 감별할 수 있다. 인공지능으로 후보 물질 간의 상호작용을 미리 예측하고, 부작용 우려가 있는 물질을 걸러내어 신약 개발 절차를 효율화할 수 있기 때문이다. 투사의 개발 방식은 특히 간암, 류머티스 관절염, 2형 당뇨 등의 치료제 개발에 있어 기존 방식보다 신약 개발 성공률이 더 높다는 것이 입증되었다.

     

    이번 투자를 주도한 소프트뱅크벤처스의 이준표 파트너는 “투사 팀은 신약 개발 성공률을 획기적으로 높여 글로벌 제약회사들과 대규모 프로젝트들을 성공적으로 이끌며 우수성을 증명하고 있다”며, “일반 질병뿐 아니라 희귀 질병 치료제들을 개발해 환자들의 선택권을 넓히고, AI 신약 개발 시장의 선두 기업으로 성장할 것으로 기대한다”고 투자 배경을 설명했다.

     

    투사의 앤드류 A. 레이딘 대표는 “신약 후보 물질들의 파이프라인을 구축해 치료제 개발의 새로운 전기를 마련하겠다”면서, “이번 투자를 통해 이미 발견한 후보 물질들의 임상 전 단계 개발을 가속화하고, 다양한 의약품 개발에 박차를 가해 본격적인 성장의 발판을 마련할 예정” 이라고 밝혔다.


    [관련 문의]
    소프트뱅크벤처스 허윤 (커뮤니케이션실)
    yoon@softbank.co.kr 010-3130-1555
     

  • 软银风投(SoftBank Ventures)领投AI药物研发公司twoXAR 1000万美元A轮

    Andreessen Horowitz和OS Fund参与了A轮融资,资金将用于与生物药厂合作开展一系列新药研发项目

    帕罗奥图 – 3月19号,2018

    本新闻稿由英文翻译而来。原文请参阅英文新闻稿 。
     

    一家利用人工智能来做药物研发的公司,今天正式宣布了由软银风投(SoftBank Ventures)领投的1000万美元A轮融资。软银风投是软银集团的早期风险投资部门。Andreessen Horowitz生物基金和OS Fund进行了跟投。本轮融资主要用于公司通过合作方式创建药物研发项目计划,以及加快已有候选药物临床前研发。本轮融资后,软银风投的常务董事JP Lee和Andreessen Horowitz基金的合伙人Vijay Pande博士将会共同出任twoXAR的董事会成员。


    “软银风投致力于加速信息革命发展的投资,并越来越关注人工智能在健康医疗领域的应用。twoXAR在迅速发展的基于人工智能的药物研发市场中占据明显的领先地位,我们非常自豪可以领投本轮融资,并支持公司丰富罕见和常见疾病的治疗方案的承诺,”Lee说道,“该公司基于人工智能驱动的药物研发平台有潜力颠覆新药物的发现方式并且可以极大程度上的提高临床前开发的成功率。twoXAR团队已经和全球生物制药领导者建立起了许多合作关系,并展示了由他们技术识出来的候选药物如何转化为成功活体研究的案例。”


    通过他们自主研发的人工智能平台,twoXAR可以在活体测试中快速识别候选药物,将耗时数年的传统流程缩短至数周以内。相比较传统的活体药物筛选方法,twoXAR在多个疾病治疗领域如肺癌,类风湿性关节炎,二型糖尿病,成功率提升显著。通过与生物制药公司、药物开发商和投资方的合作,twoXAR正在创建一系列新颖的、拥有自主知识产权的新药研发项目计划。


    “人工智能在药物研发领域的应用已经从观望走向了实践阶段,并且有望成为提升生物医药行业药物开发效率的主要驱动力”,twoXAR的联合创始人兼首席执行官 Andrew A. Radin说道, “我们十分高兴软银风投,Andreessen Horowitz, OS Fund这些生物人工智能领域的顶级投资机构能够加入我们。他们在运营和商业拓展上的特长会帮助我们更好地开展公司的药物研发项目计划。”


    在传统的药物研发过程中,每一个被美国FDA(食品及药物监管局)批准上市的药物,大约要耗时10到15年, 从10,000个分子中筛选出来。漫长的药物批准过程会造成巨大的不确定性。像twoXAR这样的基于人工智能的平台,相比较传统的方法,能通过更快、更准确的模型帮助合作方更有效的创建出候选药物项目组合。该策略可以加速整个药物开发过程,降低风险,以及大幅度降低成本。


    “计算模型使得高效建立一系列药物组合的成为可能,而这在传统方法下在没有数亿美元和多年投入不可能做到的。” Judy Lewent, 前默克执行副总裁兼首席财务官以及twoXAR商业顾问委员会成员说道, “twoXAR通过合作研发和衍生公司的模式,使得他们的技术可以广泛地应用在多个医疗领域,将药物研发交到专业的研发人员手中,以创建一系列药物组合,极大程度地提高了患者受益于twoXAR产品的概率。


    twoXAR种子轮共融资430万美元,投资人包括:Andreessen Horowitz, CLI Ventures和斯坦福-StartX基金。
    本新闻稿还可以通过www.twoXAR.com 获得以下语言翻译版本:

    • 英文 (English)
    • 韩文 (한국어)
    • 日文 (日本語) 

    关于twoXAR
    twoXAR是一家人工智能驱动的生物制药公司。该公司利用其计算平台识别潜在候选药物,通过临床前研究来降低风险,并且通过行业合作将候选药物推进到临床试验阶段。twoXAR设立在加利福尼亚洲的帕罗奥图。团队成员拥有药物研发,生物医学信息学,计算生物学,数据科学和软件开发等领域的专家。欲了解更多信息,请访问www.twoXAR.com